外国人の恋人に使うべき英語の呼び方&愛称まとめ

この記事は 約4 分で読めます。

kids-1417792_640

外国人同士は英語ではお互いのことを名前ではなくニックネームや愛称と呼ぶことが多いです。では一体彼らはどんなふうに呼び合っているのでしょうか。ここにまとめておきました。

1、honey

「ハニー」

本来は「蜂蜜」という意味ですが、甘い人、愛しの人を呼ぶときに使います。

2、darling

「ダーリン」

日本語でも「ダーリン」とカタカナで使うことができますが、もともとは「最愛の人」といった意味になります。

3、sweetie

「スウィーティー」

もともとは「甘いもの」、「キャンディー」といった意味になりますが、「いとしい人」、「かわいい人」といった意味で使います。

4、baby

「ベイビー」

ご存知「赤ちゃん」を意味する言葉です。「大事な人」、「宝物」といった意味合いで使われます。

5、sweetheart

「スウィートハート」

恋人に対して使う「優しい人」、「素敵な人」といった意味を持つ言葉です。

6、angel

「エンジェル」

「天使のような人」、「愛すべき人」という意味で使えます。

7、sugar

「シュガー」

ご存知「砂糖」を意味する言葉です。好きな人に「あなた」、「おまえ」といった掛け声として使えます。

8、my love

「マイ・ラブ」

「私の愛する人」といったニュアンスになります。

9、little doll

「リトル・ドール」

「お人形さん」、「可愛い人」といったニュアンスになります。

10、cutie

「キューティー」

「可愛い子」、「かわいこちゃん」といった響きになります。

11、babe

「ベイブ」

「baby」と同じ意味を持つ呼び方です。「かわいこちゃん」、「宝物」といったニュアンスになります。

12、CUTIE-PIE/SWEETIE PIE/HONEY PIE/SUGAR PIE

「キューティー・パイ/スウィーティー・パイ/ハニー・パイ/シュガー・パイ」

パイを使った呼び方もたくさんあります。「あなた」、「かわい子ちゃん」、「きみ」といったように親しみを込めていう言葉です。

13、dear

「ディア」

「親愛なる」、「いとしの」といった意味があり、my dearと「my」を付けていうことも多々あります。

14、honey bunny

「ハニーバニー」

「かわいいうさぎちゃん」という意味になります。

15、pumpkin

「パンプキン」

直訳では「かぼちゃ」となりますが、「いとしの人」といった愛称にもなります。

16、precious

「プリシャス」

もともと「高価な」、「大切な」といった意味があり、大切な人といった意味で使えます。

17、baby boy/girl

「ベイビー・ボーイ/ガール」

「baby」と「boy/girl」を足した表現です。「かわいい男の子」、「かわいい女の子」といったニュアンスになります。

18、My sunshine

「マイ・サンシャイン」

「私の太陽」といった意味の呼びかけの言葉です。

19、sexy

「セクシー」

「色っぽい」、「色気のある」といったニュアンスを含んだ愛称です。

20、shortie

「ショーティー」

「おちびちゃん」といった意味の言葉です。

21、puppy

「パピー」

「子犬」という意味を持つ、ペットにしちゃいたいような相手に使える言葉です。

22、kitten

「子猫」、「かわいこちゃん」を意味する言葉です。主に女性に対して使われます。

Prince Charming

23、「プリンス・チャーミング」

「王子様」といった意味のニックネームです。紳士で格好いい人に使いましょう。

24、beautiful

「ビューティフル」

「美しい」を意味する言葉です。

25、cupcake

「カップケーキ」

もともとは「丸くて小さなケーキ」を意味する言葉ですが、「魅力的な女性」の意味合いを持つ、女性に対して使われる言葉です。