外国人と結婚するメリット・デメリットは?独身のうちに知るべきことはこれ

wedding-322034_640

外国人と結婚したいけど、ぶっちゃけ結婚したら生活はどうなるんだろう。そう思い悩んでいる人のために外国人と結婚するメリットとデメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

外国人と結婚する利点

1、外国語を覚えられる You can learn another language.

外国人が日本語を学ぶのは難しいため、ほとんどの場合あなたが外国語を話すことになるでしょう。あるいは両方の国の言葉を使うことになるかもしれません。いずれにしろ、外国人の伴侶を持つことで、外国語が上達することは言うまでもありません。アメリカ人と結婚すればいわば毎日英会話のレッスンを受けるようなものです。

2、子供がバイリンガルになる  Your children will be bilingual.

たとえ日本で生活していたとしても、結婚相手と外国語を日常的に話していれば、子供は自然とバイリンガルになります。子供のうちに覚えればネイティブ並に話すのが上手くになり、それと同時に国際感覚が身に付きます。完璧なバイリンガルになるチャンスは一生のうちに幼児期だけ。ハーフの子供たちにはその貴重なチャンスが与えられるのです。

3、家庭で外国の料理が楽しめる You will enjoy foreign dishes at home.

結婚相手が少しでも料理ができる人なら、日々の生活の中で、それも自宅で外国の料理を味わうことができるようになるでしょう。本国の人が作る料理は、レストランのそれとは違って本物の郷土料理。結婚していなかったら絶対に経験できないことの一つです。

4、海外に頻繁に行ける  You will get to travel to your husband’s or wife’s country.

クリスマス、正月、イースターなど、サンクスギビング、夏休みなど、長期の休みが取れ次第、結婚相手の家族を訪れることになるでしょう。もちろんその際には現地で泊まるところには困りません。また、相手に親戚がたくさんいれば彼らに会うために色々な場所を旅し、新しい経験ができるはずです。

外国人と結婚する欠点

1、文化の違いに苦しむ You will suffer the cultural differences.

外国人と結婚したら避けられないこと、それは早かれ遅かれ文化の壁にぶちあたることです。ときには宗教のことで、ときには結婚感のことで、またときには男女の役割についてなど、様々なことで意見が割れるはずです。こんなことなら日本人と結婚しておけばよかった、なんてことを思うのは一度や二度じゃないはずです。

2、言葉の違いに苦しむ You will suffer the language differences.

言葉の微妙なニュアンスの違いが、ときには口論を引き起こしたり、勘違いの原因になることがあるでしょう。自分が言いたいことが伝わらないジレンマ。相手の言っている真意が理解できないイライラはときにストレスになることがあります。

3、家族や友達と離れ離れになる可能性がある You might be away from your family and friends.

日本に住めば問題はないですが、結婚相手の都合によっては外国での生活を強いられる可能性は大いにあります。外国に行っても知り合いもいなかれば友達もいない。心の支えである家族は海の向こう側。そんな環境の中、最初は特に強い孤独を感じるはずです。

4、離婚する可能性が高い The divorce rate is so high.

国際結婚の離婚率は約50%とも言われています。それだけ上手くいかない人も多く、また離婚後に親権や財産などをめぐって大きな問題に発展するケースも少なくありません。特に海外で生活しているときに離婚すれば裁判やその他もろもろの手続きを外国語でこなさないといけないといったデメリットもあります。結婚するのは簡単ですが、離婚はその何十倍もの労力がいることを知ったほうがいいです。