英語の切ない恋愛名言フレーズ集まとめ

worried-girl-413690_640

恋愛をしていれば失恋することも、葛藤に苦しむことも、傷つくこともあるでしょう。そんなつらくて切ない状況を絶妙に表現した英語の名言、名フレーズをまとめてみました。

スポンサーリンク

1、When you’re around someone so much, for so long, they become a part of you. And when they change or go away, you don’t know who you are without them.

「誰かの側に長い間ずっといて、その人が自分の一部になると、その人が変わったり、離れていけば自分が誰だか分からなくなるものだ」

to become a part of someoneで「誰々の一部になる」という意味になります。

2、This is the problem with getting attached to someone. When they leave, you just feel lost.

「誰かに愛着を抱く問題はこうだ。その人がいなくなると、あなたはただ自分を見失う」

to get attached to someoneで「誰々に愛着を覚える」というフレーズになります。

3、Everybody is going to hurt you; you just gotta find the ones worth suffering for.

「みんなあなたを傷つけてくるんだ。だからこの人になら傷つけられてもいいっていう人を見つけないといけない」

worth +動詞進行形+forで「~するのに相応しい」、「~する価値のある」という意味になります。

4、I tried to forget you, but the harder I tried, the more I thought about you.

「あなたのことを忘れようとしたの。でも必死で忘れようとすればするほど、あなたのことを考えていた」

the harder I try~the more ~で「頑張って~すればするほど~になる」という表現になります。

5、When people can walk away from you, let them walk. Your destiny is never tied to anybody who left.

「人々があなたから去ろうとしているときは追わないでいい。あなたの運命は去った人とは決してつながっていないから」

to walk away from someoneで「~のもとを去る」という意味になります。

destinyは「運命」を意味します。

6、I love crying in the rain. because when i do, no one can hear the pain.

「私は雨の中で泣くのが好きだ。なぜならそうしているときは、誰も私の痛みの声を聞けないから」

in rainで「雨の中」というフレーズになります。

7、When you are in love and you get hurt, it’s like a cut… it will heal, but there will always be a scar.

「恋をしているときに傷つくことは切り傷みたいなもので、それはやがて癒えるもの。けれどもいつだって傷跡は残る」

to get hurtで「傷つく」というフレーズになります。

scarは「傷」を意味します。

8、What do you do when the only one who can make you stop crying is the one who is making you cry?

「あなたの涙を止めることができる唯一の人が、あなたを泣かしているとしたら、どうすればいいんだい?」

to make someone stop+動詞進行形で「誰々が~をしているのを止める」という表現になります。

9、Never make someone a priority, when all you are to them is an option.

「誰かのことを決して優先にしてはいけない、あなたがその人の選択肢である限りは」

priorityは「優先」、「重要度の高いもの」を指します。

10、I  hate it when crying is the only way to feel better.

「泣くことしか、気分が良くなる方法がないときは最悪だ」

to hate somethingで「~が大嫌いだ」、「~が憎い」という意味になります。

11、It’s sad when you realize you aren’t as important to someone as you thought you were.

「自分が思ってたより、誰かにとって思ってたほど重要じゃないんだってことに気づくのは悲しい」

to realizeは「気づく」という動詞です。

12、I don’t hate you. I’m just disappointed you turned into everything you said you’d never be.

「あなたのことは嫌いじゃない。ただ、あなたが絶対にならないと言っていた人にあなたがなったことに対してがっかりしているだけ」

to be disappointed で「がっかりする」という意味になります。

13、The longer you dance with the devil, the longer you stay in hell.

「悪魔と長く踊れば踊るほど、長い間地獄にいることになる」

「間違った人と一緒にいればいるほど、長く苦しむことになる」というニュアンスになります。

14、 We have to hurt in order to know, fall in order to grow, lose in order to gain, because all of life’s lessons are taught through pain.

「私たちは知るために傷つかなければならない。成長するために恋に落ちなければならない。得るために失わなければならない。なぜなら人生の全ての教訓は痛みを通じて学ぶから」

in order to +動詞で「~するために」というフレーズになります。

15、Respect yourself enough to walk away from anything that no longer serves you, grows you, or makes you happy.

「それ以上上手くいかなくなったもの、成長を得られなくなったもの、あるいは幸せを感じなくなったものから、立ち去るためにも、十分に自分をリスペクトしなさい」

no longer +動詞現在形で「それ以上~しない」という否定文になります。

16、Loving someone who doesn’t love you back is like hugging a cactus; the tighter you hold on, the more it hurts.

「自分のことを愛してくれない人を愛するのは、サボテンを抱きしめるようなもの。強く掴もうとすればするほど、痛みが増す」

cactusは「サボテン」を意味します。

17、People say never give up, but sometimes giving up is the best option because you realize you’re just wasting your time.

「人はよく『決して諦めるな』というけれど、ときには諦めることが最高の選択肢だったりする。なぜならただ時間を無駄にしてるだけだったりするからだ」

~ is the best optionで「~はベストの選択肢」という意味になります。

18、The wrong person will never give you what you want, but they’ll make sure they get what they want from you.

「間違った相手は、決してあなたが望んでいるものを与えてはくれない。彼らはいつだって自分が望むものをあなたから得ようとするだろう」

give you what you wantで「あなたの欲しいものを与える」というフレーズになります。

19、Never be afraid to let go, because you never know what greater things will replace what you’ve lost.

「忘れることを決して怖がってはいけない。失ったものをどんなに素晴らしいものが埋めてくれるかは決して分からないから」

let goはこの場合「立ち直る」、「解放する」、「忘れる」といったニュアンスになります。

20、If he makes you lose your family, lose your friends, lose your confidence, or lose your happiness, then you need to lose him.

「もし彼のせいで、あなたが家族を失い、友達を失い、自信を失い、幸せを失うなら、そのときは彼を失ったほうがいい」

to make someone loseで「誰々から~を奪う」、「誰々が~を失う原因をつくる」というニュアンスになります。