旅行先で使える恋愛&ナンパ向け英語フレーズまとめ

この記事は 約3 分で読めます。

旅行先で素敵な人と出会いたい。でもなんて言って話せばいいか分からない。そんな人のために旅行先で使える英語の恋愛フレーズを紹介します。

1, Are you traveling alone?

「一人旅ですか?」

一人旅同士なら意気投合しやすく、会話も弾むはず。そんなきっかけとなるのがこのセリフです。

2, Are you from here?

「ここの出身ですか?」

地元の人と知り合いたいときに使うべきセリフです。いかにも地元民という人に話すときに会話のきっかけとなる一言です。

3, I’m new in town. Could you give me directions?

「この街に来たばかりなんだけど、道を教えてくれませんか?」

地元の人にも、旅行者相手にも使えるフレーズです。

まずは下手(したて)に出て自分の無知を明かしたところで相手に案内してもらうことで親交を深められます。

4, I’m new in town. Could you show me around?

「この街に来たばかりなんだけど、ここら辺を案内してくれませんか?」

「show me around」ということであわよくば相手に一緒に来てもらうことができます。これさえ応じてもらえればその先に進展しやすいです。

5, Do you come here often?

「ここにはよく来ますか?」

レストラン、バー、クラブなどで使えるフレーズです。その場所に慣れた感じを出している人に使いましょう。

6, What are you eating/drinking?

「あなたが食べている/飲んでいるものはなんですか?」

私は旅行者なのであなたが食べているものの名前を知りたい、というアピールの仕方です。これをきっかけに会話が弾むこともしばしば。

7, Do you mind if I sit here?

「ここに座ってもいいですか?」

いくつか言葉を交わした後、相手の向かい側の席に座るためにいう決め台詞です。OKがもらえれば好印象を与えたといえそうです。

8, Do you know any nice restaurants around here? Would you like to go with me?

「この辺にいいレストランはありますか? 私と一緒に行きませんか?」

食べる場所を聞きつつ、そのついでに誘った感じを出す自然なフレーズです。

9, We are thinking about grabbing dinner. Would you like to join?

「私たちは夕食でも行こうと思っているんですが、一緒に行きませんか?」

二人以上で旅行をしているときに一人の相手を誘うセリフです。1対1よりカジュアルに誘いやすくなるのがポイントです。

10, Can I buy you a drink?

「飲み物を奢らせてくれない?」

何かしらの会話の後に相手との距離を縮めるためにいうフレーズです。いきなり言うセリフではないので注意。

11, Why don’t we keep in touch?

「連絡を交換しませんか?」

直訳すると「連絡を続けませんか」という意味になります。気が合った相手とそれっきりにせずに離れてからもコンタクトを取れるようにしておきましょう。

12, Can I see you again?

「また会える?」

旅行先だけの関係で終わらせたくないときにはこう言いましょう。相手も同じ気持ちならきっとYESと答えてくれるはず。